まつ毛ケアの方法は沢山ありますが、人気のアイテムとして注目されているのが、エマーキットとルミガン

そもそも、この2つには大きな違いがありますが、まつ毛のお悩みに期待が出来るアイテムです。

エマーキットとルミガン、どちらでケアしたらいいのか悩んでいますか?

今回は、エマーキットとルミガンの大きな違いについて比較してみましたので、参考にしてみてください

 

↓私が実際に使っているエマーキットの動画です♪↓

 

 

エマーキット 初回3300円

 

 

エマーキットとルミガンを比較!伸びるのはどっち?

 

 

まつ毛先生まつ毛先生

エマーキットとルミガンの大きな違いは、医薬品か医薬品でないかです

 

まつ毛を伸ばす方法として、多くの女性が利用するようになっているのがまつ毛美容液でケアをする方法と、育毛剤を使う方法があります。

 

販売されているまつ毛美容液や育毛剤で、その中でも注目されているのが、ルミガンとエマーキットです。

 

エマーキットは水橋保寿堂製薬から販売されているまつ毛専用の美容液

 

それに対してルミガンは、元々緑内障の進行抑制や眼内圧を低下させるための医療品でしたが、まつ毛が濃くなったり長く伸びてしまうという働きを利用して、まつ毛のボリュームに悩まされている人のための育毛剤として、利用されるようになりました。

 

ルミガンに含まれている主成分には「ビマトプロスト」が使用されており、ビマトプロストの副作用によってまつ毛育毛に効果があるとわかっています。

 

そのため近年はまつ毛育毛剤として利用されることが増えてきています。

 

ただ副作用としてまぶたの色素沈着や目のかゆみ、充血やドライアイといった症状が出る可能性があるといわれています。

 

気を付ける副作用

本来緑内障の点眼薬として用いられる安全性の高い薬ですが、まれに、目のかゆみ、まぶたの黒ずみ、違和感、目の充血、乾きといった副作用が報告されています。

重大な副作用として、海外では目の虹彩への色素沈着と眼瞼溝深化(まぶたが痩せて溝が深くなる)が報告されています。

ひまわり皮フ科より

 

エマーキットは美容液なので医薬品ではなく、色素沈着といった副作用を引き起こすビマトプロストは含まれていません。

 

まつ毛にハリやしなやかさを与える効果があるヒアルロン酸やイチョウ葉エキス、ペプチドやビチオン、オタネニンジン根エキス、ブドウ種子エキスやシルクアミノ酸などが配合されています。

 

目元にもまつ毛にも優しく、栄養素が豊富な成分が含まれているので安全にケアを行うことが出来るようになっています。

 

この2つの違いは医薬品か医薬品ではないかにあります。

 

 

 

ルミガンの方がオススメな人と、その理由

引用 ひまわり皮フ科より

 

まつ毛先生まつ毛先生

ルミガンは医薬品で、色々なクリニックで育毛剤としての効果を紹介しています

 

ルミガンの主成分であるビマトプロストがまつ毛に含まれているメラニンを活性化させる特徴をもっているので、まつ毛に使用することで育毛効果やダメージを補修してしなやかに太い毛質に仕上げることが出来る特徴を持っています。

 

そのため自分自身のまつ毛が短いと感じている方や、毛の量が不足しているのでまつげエクステを利用しなくても自毛を増やしたいと考えている方に向いている育毛剤です。

 

日本を含むアジア人のまつ毛は、欧米人と比較して本数が少ない特徴を持っています。

 

しかし毛の長さや毛周期に違いはないので、ルミガンを利用して適切にケアをしていくことで、短く細かった状態を長く、太くはっきりさせることは十分に可能です。

 

治療効果

毛周期における成長期の延長によりまつ毛を長くし、血管拡張効果による毛包の刺激によってまつ毛を太くしていきます。

またメラニンの活性化により色調をより濃くしていきます。
※効果には個人差があります。

 

ひまわり皮フ科より

 

ルミガンはアメリカで「まつ毛を長く濃くする薬」として正式に承認された医薬品で、まつ毛が伸びる効果に期待されています。

 

ルミガンは、「まつげを長く濃くする薬」として2008年12月にFDA(アメリカ食品医薬品局)で正式に承認されている医薬品です。
翌2009年の1月に発売と同時に人気となり、日本でもまつ毛を伸ばせる美容医薬品として注目されるようになりました。
16週間塗布した臨床研究では約8割の方に以下に示す3つのポイントが認められたと報告されています。
長さが :125% 伸びた
密度が :106% 高くなった
色の濃さ:118% 濃くなった

という結果です。

こころ皮ふ科クリニックより

 

 

 

ルミガンを使う上での注意点

 

実際にルミガンを利用する場合、利用する際のポイントとしてはメイクを落として、洗顔を済ませた清潔な状態で片目ごと1日1回、1滴を目安に使用します。

 

この時に清潔な綿棒に滴下することが大切で、目薬の様に点眼するのは大変危険なので使用する際には十分に注意をする必要があります。

 

主成分であるビマトプロストは、育毛させる高い効果がありますが、デリケートな皮膚に付着してしまうとまれに目のかゆみや、まぶたの黒ずみ、違和感など副作用が起こる可能性があるのです。

 

重大な副作用が起こった症例としては、目の虹彩への色素沈着や眼瞼溝深化などの症状もあるので、使用していて違和感を感じた場合はすぐに医療機関に相談をする必要があります。

 

副作用の注意は十分に必要ですが、ルミガンは元々医薬品ということもあり市販のまつ毛美容液に比べて高い育毛効果を実感することが出来る点がメリットです。

 

毛周期における成長期を延長させる効果があるので、通常よりもまつ毛を長くして、血管拡張効果により毛包の刺激で太くすることが可能です。

 

メラニンの活性化の効果も高いので、まつ毛の色調をより濃くする効果もあります。

 

正直、私はアイリストなのでルミガンの事に関しては実際に使った事がないので、クリニック等からの情報をまとめていますし、副作用が気になるのでお客様にはオススメしていません。

 

 

ルミガンの副作用

 

ルミガンは伸びる効果が期待できる反面、次のような副作用の可能性もあります。

 

☑眼がかゆくなった

☑眼がかわきやすい

☑眼が充血する

☑瞼の色素沈着

 

 

ルミガンには正しい使い方があります。

 

一日に一回の使用で(オススメは夜就寝する1~2時間前)

メイクを綺麗に落としてから使う

ルミガンをアプリケーターのブラシに一滴落とします。

ルミガンを付ける、専用のアプリケーターは使い捨てなので、1度使ったら捨てる事

上まぶたに塗っていきます。まつ毛に塗っても意味がありません。

下まつ毛には使わない事(黒ずむ可能性がある)

コンタクトをしている場合は外す

はみ出したら、すぐに拭き取る事

 

 

ルミガンを使わなくなる?

 

まつ毛育毛目的で販売されたグラッシュビスタ外用液が販売されたため、今後はルミガンを使わなくなるクリニックが増えるかもしれません。

 

※ ルミガン点眼液の提供を終了しました。
まつ毛の育毛目的にルミガン点眼液の治療を提供してきましたが、グラッシュビスタ外用液が発売されこのままルミガン点眼液の適用外使用を続けることはできなくなりました。
成分自体は同じなのですが、まつ毛の育毛目的に特化された外用剤が発売された以上、グラッシュビスタ外用液を使用するべきと思います。

こころ皮ふ科クリニック

 

 

 

エマーキットの方がオススメな人と、その理由

 

エマーキット 伸びる 塗り方

 

まつ毛先生まつ毛先生

エマーキットは美容液扱いとなり、まつ毛ケアのサポートとして幅広く女性に使われています

 

まつ毛美容液エマーキットは、大手コスメ口コミサイトでもまつ毛美容液の満足度が一位になるなど非常に高い実力を持っていまし、私も使っています。

 

普段まつ毛のボリュームをアップするために、まつげエクステを利用してきたという方や、付けまつげを日常的に使用してきたという場合、まつ毛やまぶたにダメージを与えてしまっている状態になっている方は非常に多いです。

 

特にビューラーを使用している場合は、まつ毛が細くなったり‏切れてしまう等のトラブルも珍しくないので、エマーキットを利用してまつ毛に必要な栄養を与え、本来の健康な状態を取り戻したいと考えている方にも非常に効果的な美容液です。

 

成分表を見てもらうとわかるのですが、目元とまつ毛を保湿するための成分が多く配合されていることがわかります。

 

 

エマーキットには、まつ毛美容液の中でも保湿成分が多めに入っているのが特長的で、まつ毛やまぶたの乾燥が気になる女性にオススメのまつ毛美容液です。

 

 

お財布に優しいエマーキット

 

意外と勘違いしているのが、このエマーキットは一本で約2ヶ月間使用することが出来る容量となっている事。

 

そのため手軽に使用することができて、コストパフォーマンスも高いことから幅広い年齢層の女性から高い支持を受けています。

 

過去に、一部のドラッグストアでも販売していましたが、公式オンライン通販を利用すれば定期コースもあるので、通常よりも割引値段でお得に購入することも可能です。

(当サイトなら、エマーキットを初回3300円(税別)で購入することができます)

 

また購入から60日位内であれば、返品保証を受けることも出来るので、初めてまつ毛美容液を利用するという方で、手軽に効果を実感してみたいという方やお得に購入したいという方に向いています。

 

エマーキットはまつ毛美容液によくある色素沈着や目の充血、痒みといった副作用を引き起こす「ビマトプロスト」を使用せず、肌に優しい成分でまつ毛ケアを行うことが出来る特徴を持っています。

 

しかし敏感肌やアレルギー体質の方は、肌トラブルが起こる可能性もあります。

 

でも、まつ毛美容液は使ってみないと自分に合うかどうかわからないのと、エマーキットなら60日の返金保証があるので、安心試すことができます。

 

 

 

まとめ

 

 

「エマーキットとルミガンを比較!まつ毛が伸びるのはどっち?」いかがでしたか?

 

まつ毛美容液エマーキットとまつ毛育毛剤ルミガンを比較してみました。

 

美容液と医薬品という違いもあり、簡単にケアアイテムとして使いたいのであればエマーキットがオススメと言えます。

 

ルミガンは、担当医と相談して適切に扱わなければいけませんし、今後はグラッシュビスタが使われるようになると思います。

 

エマーキットなら、アイライナーを引くのと同じように使うだけで1日に1回の使用だけです。

 

60日間の返金保証がついているので、まつ毛ケアをしたいのであれば試しやすいエマーキットがオススメです。

 

エマーキット 初回3300円