ゆうゆう

まつ毛美容液を使っても、まつ毛が太くならないってどおいう事?

 

まつ毛先生まつ毛先生

まつ毛美容液は、医薬品ではないので、太くする直接的な効果はありません

 

ゆうゆう

じゃあ、まつ毛が細い人は、まつ毛美容液を使っても意味がないじゃん

 

まつ毛先生まつ毛先生

まつ毛を太くしたいのであれば、まつ毛美容液を使う事よりも、健康的な状態にしてあげる事が大切なのです

 

まつ毛美容液で、まつ毛を太くしたり、伸ばしたいと考えている女性は多いです。

しかし、まつ毛美容液だけでまつ毛を太くすることはできません。

では、まつ毛を太くするにはどうしたらいいのか?

まつ毛美容液で、本当に太くすることはできないのか?

簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください

 

 

まつ毛美容液を使っても太くならない

 

 

まつ毛先生まつ毛先生

まつ毛美容液を使っただけでは、まつ毛を太くすることはできません!

 

まつ毛美容液でまつ毛が太くなるのはウソというのは少し大げさかもしれませんが、結論から言うと直接的に太くなる効果はありません。

 

目元の大切なまつ毛に栄養を与えて、可愛い印象にしたいために一生懸命につけますよね。

 

ですが、まつ毛美容液は育毛剤のような医薬品ではないので、直接的な効果はほとんどありません。

 

分類的には化粧品のカテゴリーで、簡単にドラッグストアやコスメショップで入手をすることができます。

 

医薬品は効果も早くて問題解決に対しても、期待通りの結果を出すことが多く医療機関でも取り扱っていますが、それに比べて化粧品は大変マイルドな効果といえます。

 

厚生労働省が正式に認めている成分を使用しているのが、医薬品というお薬になります。

 

一方で市販されているまつ毛美容液は、見た目をキレイにしたり皮膚を美しくする化粧品です。

 

もうひとつ薬用化粧品もありますが、これは化粧水の要素と医薬品とのちょうど真ん中あたりに値する、完全にどちらかに傾くものではありません。

 

有効成分たっぷりの薬用化粧品を選ぶことで、何となく目元の毛も伸びそうなイメージです。

 

でも名前に薬用と付くだけに、目元に使用をして何か副作用が起こるかもしれないリスクはあります。

 

身体にも肌にも穏やかに働きかけるのが、化粧品に含まれる成分です。

 

成分は角質という最も表皮の外にある部分にまで届きますが、その奥にある毛包まで届くことはありません

 

これがまつ毛美容液では、いくら頑張ってもまつ毛が思うように太くはならない理由です。

 

真皮にまで届くことで毛包に行き渡るので、そこが化粧品の悩ましい部分といえます。

 

 

 

まつ毛美容液で太くなる理由は

 

 

まつ毛先生まつ毛先生

まつ毛を太くしたいのなら、健康的な環境を作ることが大切になってきます!

 

まつ毛美容液で太くなると言われる理由の1つが、含まれる美容成分により、傷んだ毛が再度元気を取り戻すためです。

 

でも毛包には直接は成分が届かないので、化粧品で確実に太くなっているわけではありません。

 

ではなぜまつ毛のために専用美容液を使用するのが良いかですが、必要な栄養をチャージしたり、まつ毛の補修をしたり、失いかけた毛のハリや艶を出すためです。

 

アイメイククレンジングで、まつ毛は日々ダメージを受けるため、それをケアすることはとても重要になります。

 

傷んだ部分は美容成分で補修をして、まつ毛を元気に復活させてあげなければなりません。

 

大切なことは環境を整える事であり、まつ毛を健やかに育む環境にしてあげる事です。

 

まつ毛の根元の土台となる部分をお手入れする成分をたっぷり配合していて、まつ毛をケアする成分を惜しみなく含むまつ毛美容液は、健康的なまつ毛を育むために一役買ってくれる存在といえます。

 

毛髪や体毛のようにまつ毛にも毛周期があり、その中でも成長期を活発にさせるのはとても良い方法になります。

 

まつ毛の持つ休止期を短めにして、成長期を成分により活発にさせることで、目元美人へと近づく事ができます。

 

肌に安心できる成分でまつ毛にもアプローチをするような、保湿も兼ねた美容成分を含むまつ毛美容液であれば、根元からしっかりとした元気なまつ毛を手に入れることをサポートしていきます。

 

目元は乾燥をしやすいだけに、まつ毛の根元も乾燥から守ることのできる保湿はとても重要なのです。

 

 

 

まつ毛を太くするために気を付けたい事

 

 

まつ毛先生まつ毛先生

今からでもできる、まつ毛を太くする環境作りをしていきましょう♪

 

まつ毛を太くするために気を付けたい事としては、まつ毛の毛周期に着目をすることです。

 

順調に生え代わりのサイクルが繰り返されるように、目元を常に良い環境に整えるようにします。

 

栄養が届いてこそイキイキしたまつ毛が実現しますので、血行を良くすることは思っている以上に重要です。

 

普段からアイメイクを張り切る女の子は、ビューラーカールを付けたり、つけまつ毛を装着してみたり、マスカラの重ね塗りをしたりとまつ毛に負担をかけています。

 

ですが可愛くメイクをするのは女子にとって重要なことですから、帰宅後の洗顔時には優しくアイメイクを落としましょう。

 

やってはいけない事は、目元をゴシゴシと力いっぱいこすり洗いをすることです。

 

ポイントメイク用にある、専用リムーバーを使用して、ソフトにクレンジングをしていきましょう。

 

強い力でまつ毛へダメージを与えると、まつ毛は休止期に突入をする前に抜けてしまいます。

 

継続的にまつ毛美容液を使い、補修をかけるようなお手入れを続けましょう。

 

そのうえで日頃の生活習慣も、実はまつ毛には深くかかわるため、食事や睡眠にも意識を向けるようにします。

 

人間は普段食べたものからできていますが、その栄養をまつ毛が受けないわけがありません。

 

砂糖たっぷりのジャンクフードばかりではなく、たんぱく質を作るL-システインも重要であり、まつ毛を育てる主成分でもあります。

 

ビオチンや亜鉛を含む食材に、ビタミン豊富な野菜類も欠かせません。

 

 

 

まとめ

 

 

「まつ毛美容液でまつ毛が太くなる太くならない!?」いかがでしたか。

 

まつ毛美容液はまつ毛を太くできるわけではありません。

 

ただし、まつ毛美容液を正しく使う事で間接的に太くしていく事をサポートしていきます。

 

自分に合ったまつ毛美容液を使って、素敵な目元を作っていきましょう。